FC2ブログ

記事一覧

まかない亭 稚鬼稚鬼 @ 釧路 <平成30年3月16日(金)>

今晩から日曜日まで釧路・厚岸旅行
ホテルに到着したのは8時半を回っていましたが、とりあえず晩ごはんを食べに釧路の繁華街へ向かいます。

釧路と言えば新鮮な魚ということで、全くの直感ですが、店頭に張り出されていたメニューを見て稚鬼稚鬼へ。
建物の2階に上がります。1階のお店は潰れちゃったのかな、貸店舗の札がありました。。。

お店に入ると、いきなり7~8席のカウンターがあり、1席だけ空いていたところに着席。
奥の方には小上がりがありますが、見えなかったのでどれくらいのキャパがあるのかは不明です。

まずは「プレミアムモルツ」(500円)を注文。
IMG_20180316_212518.jpg
瓶はないかと聞いたところ置いていないとのことだったので、止むを得ず生ビール。
お通しは、きのこ類の和え物です。
手造りか既製品かどちらなのか不明ですが、いずれにしても「釧路」って感じはしませんね。。。

手書きのメニューの中から注文の品を決めますが、やっぱり刺身を食べたいですよね。
「たんたか刺(かれい)」と「ほっき刺」を注文

先に「ほっき刺」(800円)が到着。
IMG_20180316_212853.jpg
値段の割にはボリュームがあります
「たった今殻から剥きました」というほどの新鮮さは感じませんでしたが、なかなか美味しいです。
貝柱やヒモも付いていました

続いて「たんたか刺(かれい)」(850円)。
IMG_20180316_213133.jpg
アブラガレイとかマツカワガレイとか色々な呼び名があるようですが、カレイの中でも高級なもののようです。
エンガワの切り身が手前に2切れ、それ以外は本体?の切り身です。
エンガワは脂が乗りまくりです。醤油に付けた瞬間、切り身から脂がブワーッと拡がりました。
残りの切り身も、身がねっとりとした食感でありつつ、しっかりした歯応えもあり、美味しかったです。

飲み物を日本酒にチェンジ
もちろん、地酒をいただきます。
ふくつかさ 純米吟醸」(800円)。
IMG_20180316_213553.jpg
福司の種類がたくさんあったのですが、まずは純米吟醸で攻めます。
キリッとした、北海道らしい飲み口
脂ののったたんたか刺を食べた後にいただくと口の中がさっぱりします。

更に肴を追加注文。
「くじら赤身」と「阿寒ポーク辛みそ焼」
最後まで刺身で攻めても良かったのかもしれませんが、せっかく地元の阿寒ポークがあるようなので、ちょっと方針転換して注文してみました。

くじら赤身」(700円)。
IMG_20180316_220225.jpg
融け始めが食べ頃ということでしたので、しばらく放置して少し身が融けるのを待ってからいただきます。
うん、これは美味い
くじらの旨みがたっぷり詰まった赤身です。
変な生臭さもありません。

阿寒ポーク辛みそ焼」(650円)。
IMG_20180316_220416.jpg
野菜たっぷりなのは嬉しいですね。
ただ、モヤシは冷めてるな。
冷めてるというか、もともと冷たいままかな。

阿寒ポークは「辛みそ」というより「甘みそ」という感じ
IMG_20180316_220428.jpg
辛さを感じません。

日本酒をおかわり。
ふくつかさ しぼりたて」(650円)。
IMG_20180316_215937.jpg
飲みやすく、さわやかな甘みを感じます。
「しぼりたて」っぽい感じです。

色々といただいたところで、お会計。
〆て5880円也。
瓶ビールを置いていないのが残念ですが、それ以外はなかなか良い店でした。


【店舗情報】
まかない亭 稚鬼稚鬼
まかない亭 稚鬼稚鬼
ジャンル:和風居酒屋
住所:〒085-0013 北海道釧路市栄町4-1(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 釧路・阿寒×居酒屋
情報掲載日:2018年5月31日

旅行記はこちら↓↓↓

H30.03.16. 釧路の街で飲んだくれ 【道東飲んだくれ旅 その3】 - 下町おやじの飲み過ぎ食い過ぎ旅日記(ときどき山登り&お散歩)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
709位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
B級グルメ
93位
アクセスランキングを見る>>