FC2ブログ

記事一覧

鳥善 @ 釧路 <平成30年3月16日(金)>

晩ごはん2軒目は、釧路発祥のザンギ専門店へ。
3年前に釧路へ来た時に、発祥の店である鳥松に行ったので、今回は鳥松と並ぶ人気店の鳥善を訪問します。

おそるおそる入口の扉を開けると、店内は若干薄暗い雰囲気
でもお客さんが4~5名いたのでお店自体はやっているようです。
鳥松も店内の照明は暗かったので、ザンギ専門店では薄暗くするのが流行っているのかな?

席に座って卓上のメニューを見ると、ザンギ専門店だけあって、食べ物はザンギ、から揚げ、もつ煮込、おしんこしか置いてありません。

1軒目で結構飲んでいるし、外も寒かったのでとりあえず熱燗を注文したら、熱燗はやっていないとのこと。
今更ビールは飲みたくないので、お酒を常温でお願いします
メニューでは「冷酒 700円」「お酒 300円」となっていたけど、常温って言ったから冷酒は出て来ないでしょう。

すぐに出てきたのがこちらの「お酒」(300円)。
IMG_20180316_223500.jpg
コップに入った常温の日本酒が出てきました。

揚げ物は、「ザンギ(骨つき)」(700円)を注文。
当然ですが、揚げるのに時間がかかるので、出来上がるまではコップ酒をチビチビやりながら店内を観察します。

やはりありました、タレ
IMG_20180316_223553.jpg
お醤油の手前にあります。
小皿に入れて使うんでしょうね。
鳥松で出てきたタレはソースベースだったので、こちらも同じような感じかなと思いながらも、念のため小皿に垂らして舐めてみましたが、やはり鳥松と同じようなソースベースのタレ
もちろん使いませんでした
何でこんなもの付けて食べるんだろ。
唐揚げにソースかけて食べる人なんていないでしょ。
理解不能です。

しばらくしたら出てきた「ザンギ(骨つき)」(700円)。
IMG_20180316_224442.jpg
部位は色々なところが混ざっているようです。

アツアツで美味しいですね。
お肉に下味もついているので、このままで十分食べれます。
結局最後まで、タレを付けずに完食しました。

〆て1000円也。
でも、ソースがあまり好きではないので、わざわざ行く必要はないかな。
唐揚げなら他の店でも食べれるし。
もちろん唐揚げとしては美味しかったけど、これを食べるためだけにわざわざお店に行くかと聞かれると、答えはおそらくノーだと思います。


【店舗情報】


旅行記はこちら↓↓↓

H30.03.16. 釧路の街で飲んだくれ 【道東飲んだくれ旅 その3】 - 下町おやじの飲み過ぎ食い過ぎ旅日記(ときどき山登り&お散歩)

スポンサーサイト

コメント

ザンギ=から揚げと思ってましたが、それぞれあるんですね。部位の違い(骨つきか、ももか)なんでしょうか

Re: タイトルなし

ちゃかかわ さん

 コメントありがとうございます。

 ザンギと唐揚げの違いは、よくわかりません。
 以前ネットで調べたことがありますが、結局わかりませんでした。
 この店では、部位で分けているんでしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
709位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
B級グルメ
93位
アクセスランキングを見る>>