FC2ブログ

記事一覧

鳥勢 @ 釧路 <平成30年3月17日(土)>

今日の晩ごはんは、釧路で飲み歩き
まずは3年前にも訪問したことのあるちゃりんこへ行ってみましたが、予約で一杯とのこと。

 3年前のちゃりんこはこちら↓↓↓

ちゃりんこ @ 釧路 <平成27年2月28日(土)> - 下町B級グルメ食べ歩き日記 ~地方編~


仕方がないので、しばし別の店で一杯飲んで、お客さんが入れ替わりそうな9時以降を目指して再訪することにします。
ちゃりんこでは北海道の新鮮な刺身を食べようと思っているので、お店の名前からしても明らかに焼鳥メインだろうと思われる鳥勢入りました。

店内に入ると、左側に15席ぐらいありそうなカウンター、右側に小上がりという配置。
カウンター席には2名の先客がいましたが、プカプカタバコを吸っていたのでなるべく離れたところに座ります

まずは温かいおしぼりで顔を拭き、メニューを眺めて「瓶ビール」(540円)を注文。
IMG_20180317_182157.jpg
てっきりサッポロクラシックが出てくるのかと思ったら、出てきたのは同じサッポロの黒ラベル中瓶
何かこだわりがあるのかな?
お通しは、タコ、ワカメ、白髪ねぎ、紫蘇の和え物
結構おいしいです。

焼き物を注文しつつ、焼き上がるまでの時間も計算して「とりわさ」(540円)も注文。
IMG_20180317_183222.jpg
大体こういう計算づくの注文をすると、つなぎで頼んだはずなのに結構時間がかかったり、下手するとメインの後に来たりするんですが、今回はうまくいきました。
器の中には、鶏肉、海苔、三つ葉が入っています。
ワサビのツーンとくる辛さは控えめ
これもイケます

焼き物は、メニューには「一人前三本」と書かれている(3本分の値段しか書いていない)のですが、注文をする時におかみさんが「2本にしますか?」と聞いてくれたので、お言葉に甘えて2本ずつ注文しました。
こういう気遣いはありがたいですね。
左から「舌(タン)」「鳥精肉」(各1本110円)。
IMG_20180317_183243.jpg
どちらもでお願いしました。
まあ値段相応といったところでしょうか。
それにしても、北海道ではどこへ行っても、焼鳥・焼きとんの肉の間に挟むのはタマネギなんでしょうか。
北海道人はそんなに長ネギが嫌いなんでしょうか?

お酒を熱燗にチェンジ
お酒」(430円)。
IMG_20180317_185427.jpg
1合か2合か聞かれますので、先のことも考えて1合でお願いします。

焼き物を追加注文。
左から「心臓(ハツ)」「鳥もつ」(各1本110円)。
IMG_20180317_190117.jpg
塩タレは指定しませんでしたが、どちらも塩で出てきました
鳥モツって何だろう?と思っていたら、出てきたのは砂肝でした。
こちらもお味の方は値段相応といったところ。

焼き物は炭火で丁寧に焼いてくれるので、気分が良いですね。
客あしらいも良い感じです。
カウンターの先客も小上がりにやってきた家族連れのお客さんもどちらも地元のお客さんだった模様で、観光客は蘭吉の他におらず
まあ、釧路に来て焼鳥屋に入る観光客はあまりいないでしょうね。
地元に愛されている良店のようです。

〆て2820円也。


【店舗情報】
鳥勢
ジャンル:焼き鳥
アクセス:連絡バス(釧路空港-釧路)釧路駅 徒歩11分
住所:〒085-0013 北海道釧路市栄町4-2(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 釧路・阿寒×焼き鳥
情報掲載日:2018年6月5日

旅行記はこちら↓↓↓

H30.03.17. 昨日に続いて釧路の街で飲んだくれ 【道東飲んだくれ旅 その8】 - 下町おやじの飲み過ぎ食い過ぎ旅日記(ときどき山登り&お散歩)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
709位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
B級グルメ
93位
アクセスランキングを見る>>