FC2ブログ

記事一覧

函館開陽亭 すすきの南5条2号店 @ 札幌 <平成30年5月11日(金)>

今日の晩ごはん1軒目は、すすきのにある開陽亭すすきの南5条2号店へ。
すすきの本店とレストランプラザ店には行ったことがありますが、こちらのすすきの2号店は初めての訪問です。
自社ビルっぽい建物で、結構大箱のようです。

 すすきの本店とレストランプラザ店はこちら↓↓↓

函館開陽亭 すすきの本店 @ 札幌 <平成29年9月22日(金)> - 下町B級グルメ食べ歩き日記 ~地方編~

函館開陽亭 すすきのレストランプラザ店 @ 札幌 <平成29年11月11日(土)> - 下町B級グルメ食べ歩き日記 ~地方編~


案内されたのは2階の2人掛けテーブル席
奥の方では、3~40人ほどの団体さんが宴会をやっていました。
結構盛り上がっていますが、さほど気にならずに、落ち着いて食事ができそうな感じです。

「とりあえずビール!」と行きたいところですが、今日は酒量をセーブしたいので、いきなり日本酒で。
絹雪 純米吟醸」(600円+税)。
IMG_7107.jpg
旭川のお酒です。
純米酒らしい甘みの中にもキリッとした味わい
なかなか美味しいです。

お通し360円+税)の松前漬
IMG_7109.jpg
以前別店舗に訪問した際にも出てきましたが、これが美味いんです。
さすが開陽亭です。

そうそう、やわらぎ水も忘れずに持ってきてもらいます。
IMG_7130.jpg

酒の肴に注文したのは、「活ほや刺」(680円+税)と「屈斜路湖産 チップ刺」(780円+税)。
IMG_7118_201808130028177a5.jpg
チップは春から初夏の間にしか漁が行われないそうなので、貴重な品とのこと。
ほやは、いつも頼んでいるような気がしますが・・・

活ほや刺」。
IMG_7121_201808130028181ff.jpg
メニューには「根室産赤ホヤ!!」と書いてありました。
相変わらずの美味しさ。
言うことありません。
赤ホヤだからなのか、たまたまなのか、最近は宮城のホヤよりも北海道のホヤの方がお気に入りになりつつあります。

屈斜路湖産 チップ刺」。
IMG_7126.jpg
見た目はサーモンっぽいけど、無駄な嫌らしい脂っこさのないサーモンのような、サッパリした感じ
トロっとした舌触りで、これはイケます。
サーモンみたいなものかなと思っていましたが、これは良い意味で裏切られました。

日本酒をおかわり
ニュー記載の日本酒以外に、おすすめの地酒があるということなので店員さんに聞いたところ、十一週の生純米大吟醸開拓魂の純米酒があるということだったので、十一週の大吟醸を注文しました。

なかなか来ないなと思って待っていたら、さっきの店員さんが「すいません、十一週の大吟醸は冷えてなかったので、開拓魂でよろしいでしょうか」と言って開拓魂を持ってきました
今更別の酒を探すのも面倒だし、純米だから良いかと思って、「開拓魂 純米酒」(750円+税)をいただきました。
IMG_7131_201808130036079cb.jpg
こちらも甘みがありますが、絹雪よりも雑味を感じます。
好みの問題かもしれませんが。

おつまみを追加注文。
ほっけ刺」(780円+税)。
IMG_7137.jpg
こちらは生姜醤油でいただくので、ショウガ用の醤油皿を持ってきてくれました。
こういうところは、きちんとしてますね。

身は柔らかく脂も乗っています
IMG_7139.jpg
これも美味いわ。

やっぱり北海道の魚は最高です。
本当は、もっと思う存分食べたいところですが、体調を回復させてから、また来ます。
〆て4266円也。


【店舗情報】
開陽亭 すすきの2号店
開陽亭 すすきの2号店
ジャンル:活イカ、かに海鮮、焼肉
アクセス:札幌市営地下鉄南北線すすきの駅 徒歩4分
住所:〒064-0805 北海道札幌市中央区南5条西6-5-1(地図
姉妹店:開陽亭 本店開陽亭 すすきの本店
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 札幌すすきの×郷土料理
情報掲載日:2018年8月13日

旅行記はこちら↓↓↓

H30.05.11. 晩ごはんはすすきので 【ANA無料航空券で札幌飲んだくれ旅行 その4】 - 下町おやじの飲み過ぎ食い過ぎ旅日記(ときどき山登り&お散歩)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
709位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
B級グルメ
93位
アクセスランキングを見る>>