FC2ブログ

記事一覧

川上の鱒寿し(JR西日本・富山駅) <令和元年10月2日(金)>

この日の朝ごはんは、一昨日の富山出張の際に富山駅ビルに入っている土産物屋さんで購入した富山名物のます寿し
富山では、有名な源の他に富山ます寿し協同組合加盟社だけでも12社あり、各店でそれぞれ工夫を凝らしたます寿しを発売しています。

今回は、川上の鱒寿し」(1600円を購入しました。
IMG_1576.jpg
IMG_1596.jpg

紐をほどいて掛け紙を取ります。
IMG_1585.jpg
お箸プラスチック製の小さな包丁、おしぼりなどが付いています。

掛け紙を取ったままだと、この向きなんですね。
IMG_1590_20200301092424802.jpg

向きを直します
IMG_1591.jpg
っていうか、どの向きでも味には何も影響はないんですけどね。。。

ます寿しを押していた竹を取ります
IMG_1600.jpg

蓋を取ると、ます寿しの上に1枚ビニールがありました。
IMG_1606.jpg

ビニールを取ると、いよいよます寿しの登場です。
IMG_1608_20200301092523b70.jpg

上面がごはんで、下面が鱒のようです。
IMG_1614.jpg

容器から取り出して、蓋の上にひっくり返します。
IMG_1616_202003010926127e6.jpg

笹の葉を開くと、きれいな鱒の切り身が現れます。
IMG_1622.jpg
美味しそう
このビジュアルが食欲をそそります。

笹の葉を元に戻して、プラスチック製の小さい包丁で8等分しました。
IMG_1627.jpg
店によって、笹の葉を開いてから身を切れというケースと、笹の葉を開かずにそのまま切れというケースがありますが、まあどっちでも良いのでしょうね。

笹の葉を剥がしていただきます。
IMG_1628.jpg
酢があまり強くなく鱒の切り身の美味しさがダイレクトに伝わってきます。
結構好みかも。
賞味期限が10月2日ですので、作ってから更に熟成が進んでいて、酢の味が強くなるかなと思ったのですが、そうでもありませんでした。
色々なお店のます寿しを食べていますが、どれもそれぞれ特徴があって良いですね。
食べ比べてみるのですが、次に食べる時には以前食べた時の味を忘れてしまっているのでまた食べないといけないという無限ループに陥っているような気がします(笑)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
756位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
B級グルメ
100位
アクセスランキングを見る>>